トーク画バナー

なりきりチャット


殺人街の住人達(人数制限なし)

  • 1. Fakeway 2019/02/11(月) 19:07:55
    ストーリー
    夜な夜な殺人の起きる街クレムート…
    通称【殺人街】。
    これはそんな街で繰り広げられる住人たちの
    お話である。
    ーーーーーーーーーーー

    キャラは殺人鬼、殺し屋など基本
    何でもありです。

    {ルール}
    ・能力持ちやチート級の戦闘力などは
    出来るだけお控え願います。
    (人外は大丈夫です。かといって人外だらけに
    なるのもやりづらいので、人外は3人までと
    させて頂きます)

    ・【…】だけの方は、申し訳ありませんが
    抜けていただきます。(こちらや皆さんが
    絡みづらくなってしまう可能性がございますので)
    ・恋愛や戦闘はその都度お相手や主に
    お知らせ願います。
    (自己判断で進められたり、お相手の許可なしに
    恋愛などをしてしまうとお相手の方が
    混乱してしまう可能性がございますので)

    以上のルールをお守り頂ければ幸いです。
    皆様のご参加、お待ちしております。

    主のキャラ
    一人目
    名前 クレセント
    性格 無邪気、サイコパス
    容姿 ふわふわの金髪、白いブラウスに半ズボン
    青みがかった緑の瞳、至って可愛らしい顔立ち
    年齢 10歳
    性別 男
    種族 人間
    備考 連続殺人鬼。身長はまだまだ小柄。
    10歳だが頭はかなり良いらしい。
    サンプルボイス
    「これで【チェックメイト】だねぇ…
    (おにーちゃんまたはおねーちゃん)」
    「ヤダヤダヤダー!つまんないのー!」
    「ねー、僕と遊ぼうよ」

    二人目
    名前 アレクセイ
    性格 眠たがり、面倒くさがり
    容姿 灰色がかった黒髪、薄く隈の浮き出た
    金色の瞳、黒いコートと灰色のスラックス
    整ってはいるが血色の悪い顔立ち
    年齢 25歳
    性別 男
    種族 死神
    備考 他人と関わるのが基本嫌いな死神。
    クレセントの事は嫌いではないらしく、
    しょっちゅう喋っているのが目撃される。
    サンプルボイス
    「…あまり手こずらせるな…面倒くさい」
    「…世の中は基本、【眠い】【面倒】【退屈】の
    三要素で出来ていると俺は思う。
    …退屈と面倒は同じだと?…細かいことを言うな」
    「人間の作ったもので一番素晴らしいのは
    音楽で、一番下らないものは国家だ」

    三人目
    通称 M
    本名 マルコス
    性格 マイペース、意外に常識人
    容姿 さらさらの茶髪、鮮血のように赤い瞳
    非常に整った顔立ち、白いスーツ
    年齢 22歳
    性別 男
    種族 人間
    備考 死体処理業者グループ【ジャッカルズ】のリーダーだが、メンバーたちと死体を
    作ることもしばしば。
    サンプルボイス
    「…はー…また仕事っすか」
    「アレクセイさん、それはやり過ぎっすよー」
    「…ノルマ足りないんすよねー…だから、死ね」
  • 2. く る み 2019/02/11(月) 19:37:01
    はいってもいいでしょうか?



    【本名】月宮奏響(つきみやそら)
    【ミドルネーム】0(レイ)(本名は基本言わないので…)
    【性別】女
    【年齢】17歳
    【種族】人間
    【容姿】太ももまである長い黒髪に紫色(アメジスト)の瞳。
    シルクハットを被っていてスーツを着ている。ネクタイの色は青。
    仮面をつけることもある。全体的に夜に溶け込む雰囲気。
    【性格】変人(変人すぎて一部の人からは変態仮面と呼ばれている)
    あとは探ってください。
    【備考】手品が得意でよくシルクハットから色んなものを出したりしている。口調が変。基本夜の街に忍び込み死体を作っている。
    演技が得意。
    【sv】「フフっ、私に会ってしまったのが貴方の運の尽きだったでしょう。」「鮮やかに消して差し上げますよ?」「フフっ、人の名を聞く前にまずは自分が名乗るべきですよ?(シルクハットで顔を隠し)」

  • 3. サーダン・シンザガ 2019/02/11(月) 19:38:45
    入っていいですか?
  • 4. Fakeway 2019/02/12(火) 05:15:43
    皆さん、了解しました!
  • 5. わかめオレ 2019/02/12(火) 14:48:32
    入っていいですか?
  • 6. 雪 2019/02/12(火) 15:57:40
    入っていいですか?
  • 7. く る み 2019/02/12(火) 16:07:49
    4→ありがとうございます!よろしくお願いします!
  • 8. Fakeway 2019/02/12(火) 18:22:30
    5、6さん
    どうぞ!
  • 9. 雪 2019/02/12(火) 19:18:23
    ありがとうございます!よろしくお願いします。
    プロフィールです。人外で失礼します!


    通称 ホワイト
    本名 香澄(香澄)白雪(しらゆき)
    性格 静か。狂気的。しゃべるのは好き。
    容姿 赤い目に白い髪、髪型は長めのストレート。色白で細身。
      (アルビノではない)
       黒いパーカーを着用しており、半面を身に付けることもある。
    年齢 19歳
    性別 女
    種族 食人鬼
    備考 人を主食とし、殺人を繰り返している。
       殺人を快楽ともとらえている。不思議ちゃんな一面も。
    サンプルボイス
    「食べ物は、おとなしく食べられるべき‥‥。」
    「あなたはぁ、今日の晩ごはん‥‥ね?」
    「あー‥‥よろしくね。」
  • 10. わかめオレ 2019/02/12(火) 20:02:54
    ありがとうございます!
    プロフ
    仮名 無名(←これが仮名です)
    本名 ノット
    年齢 12
    種族 人
    性別 男
    性格 驚異の身体能力を持った少年。運動神経がいいぶん、体力が少ない。結構明るい。
    容姿 黒い手袋を着けていて青い猫のパーカー、半ズボンを着ている。白く短い髪にピエロの様な仮面。(泣き顔の様な)白い肌。
    備考 双子の兄。潔癖症。死体を売るのが仕事。

    仮名 匿名
    本名 ピット
    年齢 12
    種族 人
    性別 女
    性格 機材を使うハッカー。機材を作るのも得意なぶん、
    超がつくほどのビビリ。人見知り。
    容姿 白い手袋を着けていて緑の猫のパーカー、
    長ズボンを着ている。白く短い髪にピエロの様な仮面。(笑い顔の様な)
    白い肌。
    備考 双子の妹。引きこもり。死体を作る仕事をしている。
  • 11. わかめオレ 2019/02/12(火) 20:45:18
    あ、サンプルボイスです
    「ねえピット!あれ凄いね!」
    「次はーこの人でいいんだよね?」

    「本当だ...!初めて見た...!」
    「うん...それで大丈夫...」

    『ノルマだもん。果たさなきゃ。』
  • 12. Fakeway 2019/02/13(水) 05:18:59
    皆さん、よろしくお願いします。

    「おにーちゃん、おねーちゃん。よろしくね!」

    「……………関わるつもりはないが…挨拶くらいは
    しておこう」

    「よろしくっすー」
  • 13. ノット ピット 2019/02/13(水) 16:19:11
    いつ初めますか?
  • 14. 白雪 2019/02/13(水) 19:09:34
    私はいつでも大丈夫です!
  • 15. Fakeway 2019/02/14(木) 05:18:28
    始めておきます。入れる方はどうぞ。

    クレセント「ねー、マルコスおにーちゃん」

    マルコス「…仕事中は本名で呼ばないで
    ほしいっす、クレセントくん」
  • 16. ノット ピット 2019/02/14(木) 13:52:35
    (中の人 学校から帰ってきましたー)

    ノット ピットー!今日のノルマどれくらいー?

    ピット 今調べるね........えっと...今日は...三人...

    ノット じゃあ今売ったので全部かー
  • 17. ノット ピット 2019/02/14(木) 14:10:45
    (クレセントに気付く)
    ピット あ...あれって...えっと...ジャッ...なんだっけ...
    裏サイトでみたんだけど...

    ノット 有名人かなー?呼んでみよう!おーい!誰かさーん!
  • 18. 白雪 2019/02/14(木) 17:10:33
    「‥‥‥‥ご飯になるかなってくれるかな‥‥あの人達‥‥。」
    (そう言って白雪は遠巻きに見つめている)
  • 19. Fakeway 2019/02/14(木) 18:22:18
    クレセント「ん、なーにー?」

    マルコス「クレセントくんに用っすかね?」

  • 20. 0(奏響) 2019/02/14(木) 18:29:14
    フフっ、貴方は見ているだけでよろしいのですか?(白雪の後ろからシルクハットで顔を隠しながら急に現れ)
  • 21. ノット ピット 2019/02/14(木) 18:44:12
    ピット え..........ええっと..............あの.........(人見知り発動)

    ノット えっとねー、ピッ....あ、匿名が
    さっき裏サイトで見たことあるって言ってて、ぼくが有名人かな?
    って思って呼んだのー!クレセント...くん?知ってる?

    ピット あ、うん...クレセントさんは連続殺人鬼、頭が良いとか
    サイトに書いてあった...ホントかはわからないけど...
  • 22. 白雪 2019/02/14(木) 18:58:55
    「!」
    (驚いて振り返る)
    「あなた‥‥どこから‥‥‥‥見てるだけじゃ‥‥だめだけど‥‥ぁぁ~あなたもニンゲンだ‥‥。」
    (少しニヤッと笑う)
  • 23. 0(奏響) 2019/02/14(木) 19:11:11
    フフっ、私は確かに人間ですが貴方に食されるほど愚かな人間ではありません。では、私は失礼。(クスッと笑い指をパチンと鳴らしその場から消える)
  • 24. 白雪 2019/02/14(木) 19:40:00
    「ふーん‥‥魔法かな‥‥手品かな‥‥。」
    (キョロキョロ辺りを見回す)
    「変なの‥‥。美味しそうな人だったなぁ‥‥。」
  • 25. Fakeway 2019/02/15(金) 05:17:07
    クレセント「ん?ホントだよー!
    で、マルコ…じゃなかった、Mおにーちゃんは
    【ジャッカルズ】のリーダーなんだよ!」

    マルコス「クレセントくん、あんまり
    口外しないでくださいっすよ…会社の方から
    怒られるんすから」
  • 26. 0(奏響) 2019/02/15(金) 09:47:31
    フフっ、危うく食べられてしまうところでしたね。
    まぁそう簡単には食べさせませんが。(クスッと笑い)
  • 27. ノット ピット 2019/02/15(金) 15:53:10
    ピット M...?聞いたことある...そっか、その人が
    【ジャッカルズ】の人だったんだ...
  • 28. 白雪 2019/02/15(金) 16:59:59
    「あー‥‥まぁいいやあの人達に話しかけに行こー‥‥。」
    (クルッと向き直って足を進める)
  • 29. ミィ 2019/02/15(金) 17:12:00
    人外で入ってもいいですか?
  • 30. Fakeway 2019/02/15(金) 18:36:32
    (【ジャッカルズ】のメンバーを出します。
    通称 A
    本名 アレクサンダー
    性別 男
    備考 【ジャッカルズ】の副リーダー。

    通称 S
    本名 シャルロット
    性別 女
    備考 【ジャッカルズ】のメンバー。
    男勝りで気が強い。

    通称 C
    本名 キャサリン
    性別 女
    備考 【ジャッカルズ】の新メンバー。
    上品で、基本他人を殺すのを躊躇してしまう。)

    シャルロット「おい、M!
    ノルマ溜まってんぞコラ!」

    マルコス「あ、ヤベー!じゃ、また会おうっす!」
  • 31. ノット ピット 2019/02/15(金) 19:29:09
    ノット あ!うん!またね!Mさーん!

    ピット ............ま.......またね.......
    あのさ...兄さん...

    ノット ん?何?

    ピット あの人...誰...?(白雪に指を指す)
  • 32. 白雪 2019/02/15(金) 19:51:02
    「‥‥ぁ‥‥‥‥!」
    (指を指されていることに気付く)
    (二人の近くによってくる。)
    「ねぇねぇ、お二人さん私お腹が空いてるの‥‥。」
    (ニヤッと笑う)
  • 33. ノット ピット 2019/02/15(金) 20:08:05
    ノット んーそっかー!それでー?どうしたのー?

    ピット ..........兄さん...離れた方が良いかも...!
  • 34. ミィ 2019/02/15(金) 20:10:46
    人外で入っていいですか?
  • 35. 白雪 2019/02/15(金) 22:07:25
    「だからね、どっちかでいいから‥‥ご飯になってよ‥‥‥‥。」(ニヤッと笑う)
    「ぁ‥‥いやだったら腕だけでいいから‥‥ねぇ、チョーダイ‥‥」
  • 36. ノット ピット 2019/02/15(金) 22:16:45
    (ミィs、今、主さんが居ないので待った方がいいと思います)

    ノット んー...嫌。無理かなー。

    ピット 私も...仕事に支障が出るし...。

    二人『それに、兄弟を傷つけたくない。』
  • 37. 白雪 2019/02/15(金) 23:37:40
    「アハッ!仲良しさんだねぇ‥‥。うーん‥‥私、昨日食べたからあんまりお腹すいてないんだよね‥‥でもね‥‥私さっきの人にも逃げられちゃったからなぁ‥‥でもでも、ケンカは、嫌だなぁ‥‥。(一人で悩み始める)」
  • 38. Fakeway 2019/02/16(土) 06:50:10
    (みぃさん、返信が遅れて本当にすみません。
    大丈夫ですよ)

    マルコス「ふー…ノルマ終わったっす。
    でも、この余ったやつどうしようっすかねぇ」

    シャルロット「そこら辺投げとけよ」

    マルコス「それもそうっすね」
    (死体をその辺に投げる)
  • 39. ミィ 2019/02/16(土) 08:14:39 ID:eda2759823
    じゃあ、入ります。

    ~プロフィール~
    名前:ミィ・レイガ
    性別:女
    種族:人形
    年齢:不明
    容姿:真っ黒な髪を二つに括り、ダイヤの形をしたイヤリングを付けている。紺のゴスロリに、バラのついたヘッドハット。黒バラが描かれたタイツに、厚底ブーツを履いている。首には、雲のネックレスが付いていて目は赤い。背は小さく、10歳ぐらいの高さだが、消して子供ではない。
    備考:アイスピックで、人を殺す。気分が良いときは、一回急所を刺すだけで終わりにするが、気分が悪いと、めった刺し。いつもは気分が良い。ターゲットを見つけるまでは、サイコパスな本や漫画を読んでいる。
    サンプルボイス:「すぐ楽にしてあげる」「もう苦しまなくて済むよ」「人間に殺されず、人形に殺されるのは、どんな気分?」
    こんな感じです。よろしくお願いします。

    ミィ)最近、あんまり殺してないな~。
    暗い道を一人で歩いてる。
  • 40. 0(奏響) 2019/02/16(土) 11:40:42
    こんばんは、美しいお嬢さん。今宵は月が綺麗ですねぇ。
    そんな美しいお嬢さんにはこれを…では良い夜を。Good night…♪(ミィの上から降ってくるように降りてきて仮面で顔を隠し薔薇を渡してから指をパチンと鳴らし消える)
  • 41. ミィ 2019/02/16(土) 13:05:13
    ミィは薔薇を受け取り、すぐに消えた謎の人物に首を傾げた。
    ミィ)この辺りは、ああいう奴がいても、まぁ不思議ではないか...
    ミィはそう言うと、バラを見てクスッと笑った。
    ミィ)大切にするよ。君がくれた素敵な薔薇
    ミィは、空を見ながらそう言った。
  • 42. 白雪 2019/02/16(土) 13:25:59
    「(辺りの匂いを嗅ぐ)あっ‥‥死体の匂いがする‥‥!だから‥‥あなた達のこと見逃してあげても‥‥いいや。また私の気が向いたら‥‥食べに来よ‥‥。ねえ名前‥‥教えてくれない?」
  • 43. ミィ 2019/02/16(土) 15:54:56
    ミィ)ん?人の声?これは、楽しめそうだ。
    ミィは、声のする方へ向かった。暗い路地から見て
    ミィ)女が二人と、男が一人。何を言っているのかまでは、聞き取れないね。
    ミィは、アイスピックを手に持った。
  • 44. ノット ピット 2019/02/16(土) 16:04:50
    ノット 食べには来ないで欲しいなー.........僕は無名!
    ピット .........匿名........。
    ノット まあ僕達じゃないならいいかな!じゃあねー!
    ピット ..........(仮面越しで白雪を睨む)
  • 45. ミィ 2019/02/16(土) 16:48:03 ID:8ec6d5cb92
    ミィは、二人の後ろに立った。
    ミィ)ねぇ、話は終わった。次は私とお話ししようよ。
    ミィは、妖しい笑顔を浮かべながら、言った。手にはアイスピックが握られている。
  • 46. ノット ピット 2019/02/16(土) 17:37:45
    ノット あ...君もかな...?僕達は美味しくないよー?
    (アイスピックを見てナイフを準備)
    ピット 誰...?(銃口を向ける)
  • 47. ミィ 2019/02/16(土) 17:44:21
    ミィ)大丈夫だよ。すぐに済むから君たち一緒にしてあげる。
    ミィは、アイスピックを両手に5本ずつ構えた。
    ミィ)そうやって、武器構えてくるやつ見るとご機嫌斜めになるんだよねぇ。私の気分を壊したんだから、許さないよ。
  • 48. 白雪 2019/02/16(土) 17:47:17
    (立ち去ろうとしていたが立ち去るのをやめる)
    「あー‥‥私も‥‥その対象になってる?」
    (サバイバルナイフを手に持つ)
  • 49. 0(奏響) 2019/02/16(土) 18:13:04
    また会えたらいいですねぇ、麗しいお嬢さん…♪(木の上に座りながらシルクハットを見つめ)
  • 50. Fakeway 2019/02/16(土) 18:23:07
    マルコス「……はぁ、邪魔になりそうな感じっすね」
    戻ってきたらしい、MとSも武器を構える。
    シャルロット「邪魔すんだったら
    ブッ飛ばすまでだ!」
  • 51. ノット ピット 2019/02/16(土) 18:25:58
    ノット やめてよー今ちょうどノルマ終わったのにー!
    ピット (アイスピックを一つ撃つ).........命中...
    ノット ちょっと!匿名も参戦する気!?やめてよー!
    (ピットを掴み、逃亡。すぐに見えなくなる)
    ピット えー...
  • 52. 0(奏響) 2019/02/16(土) 18:34:49
    あちらは騒がしいですねぇ…(相変わらず木の上に乗ったまま鳩に餌をやり)
  • 53. ミィ 2019/02/16(土) 18:38:54
    ミィ)一本壊されたか...どうやら作戦を立てた方がよさそうだ。(白雪をちらっと見る)君をやってみたい気持ちは、あるが君は手強そうな気がする。だから、今日はやらないことにするよ。先人から、もらった物を壊すのも悪いしね。
    ミィは、そう言うとくるりと背を向け、闇の中に消えていった。
  • 54. 0(奏響) 2019/02/16(土) 18:44:45
    ……夜は少し寒いですねぇ。

    人肌が恋しくなってしまいます(鳩を羽ばたかせ木の上から飛び降りて着地をし)
  • 55. ノット ピット 2019/02/16(土) 19:00:47
    ピット 兄さん...!何で逃げたの...!
    ノット わからないよ...!ただ...怖かったんだよ...
    ピット (人殺しの方が怖いと思う...) ...まあ...........いいや...
    ノット ...ごめんね!そういえば、あの木に乗ってるよー!
    (0に指を指す)
  • 56. ミィ 2019/02/16(土) 19:01:52
    ミィは、物音がして、後ろを振り向いた。薔薇をもらったシルクハットの人物だ。
    ミィ)あの時のシルクハット!さっきはありがとう。あの薔薇嬉しかったよ。
    ミィは、笑っていった。
  • 57. わかめオレ 2019/02/16(土) 19:04:21
    脱字をしました。正確には、
    「そういえば、【あの人】木に乗ってるよー!」
    です。
  • 58. Fakeway 2019/02/16(土) 19:10:37
    シャルロット「つまんねーの、帰ろうぜ。M」

    マルコス「S。悪いけど、先帰っててくれっす。
    ちょっと用事があるんすよ」

    シャルロット「ん、りょーかい」
    Sは【ジャッカルズ】の所属する会社である
    「ひまわりセレモニー」へと帰っていった。
  • 59. ミィ 2019/02/16(土) 19:15:16
    ミィ)私は、礼を言いたかっただけだ。それじゃあな。
    ミィは、そのまま闇へと姿を消した。
  • 60. 0(奏響) 2019/02/16(土) 19:18:15
    喜んでもらえたなら何よりです。


    ま、待ってください…!(シルクハットで顔を隠そうとしたが隠さずにそのまま声で呼び止める)
  • 61. ミィ 2019/02/16(土) 19:33:41
    ミィ)?
    ミィは呼び止められ、足を止め、振り返った。
    ミィ)私に何か御用。シルクハットのお姉さんかな?
    ミィは首をかしげた。
  • 62. ノット ピット 2019/02/16(土) 19:50:33
    ノット あれ...?あの人って...(ミィを見つける)
    ピット あいつ...........(銃口をまたミィに向ける)
    ノット だから何でそんな好戦的なの!!!
    こっちは黙って見よう!ね!!!
    ピット .........分かった...(切れながら黙って見る)
  • 63. ミィ 2019/02/16(土) 19:58:22
    ミィは、邪魔をしてほしくないようで、ノットとピットのすぐ隣にある、街灯にアイスピックを投げ、見事に街灯にアイスピックは突き刺さった。
    ミィ)シルクハットのお姉さんと私は今、お話し中よ。邪魔をしないで頂戴。
  • 64. 白雪 2019/02/16(土) 20:01:42
    「今日はいろんな人に逃げられちゃうなー‥‥。あ‥‥!(ミィと奏響とノット、ピットを見つける)」
  • 65. ノット ピット 2019/02/16(土) 20:02:38
    ピット あの野郎...(人格が変わってた様に切れる)
    ノット ちょい匿名!待ってもうちょい待って!!!!
  • 66. 白雪 2019/02/16(土) 20:17:28
    「結構取り込み中なのかなぁ‥‥‥‥。」
  • 67. ミィ 2019/02/16(土) 20:20:14
    ミィはくすっと笑い
    ミィ)ここ危ないから、逃げよう。近くにいい場所知ってる。そこで話そう!シルクハットのお姉さん。
    ミィは手を引いて、その場から一緒に立ち去った。
  • 68. 0(奏響) 2019/02/16(土) 20:27:30
    !?(柄になく驚き固まりながらもついて行く)
  • 69. ノット ピット 2019/02/16(土) 20:28:16
    ピット あ.........待て!!!
    ノット やめなさい(頭を叩く)
    ピット (正気に戻る)...あ..............ごめん...
    ノット 良し!....世話が焼けるね、【ピット】は。
    ピット ...............匿名にして...
  • 70. 白雪 2019/02/16(土) 20:32:09
    「やっぱりあの二人は、仲良しだ‥‥。(少し微笑む)
    まぁいいやご飯探しに行こっかな‥‥。」
  • 71. ノット ピット 2019/02/16(土) 20:36:07
    ノット (白雪に気付く)あ...えっとお姉さんー!
  • 72. 白雪 2019/02/16(土) 20:41:28
    「(少し驚いて振り返る)!あー‥‥私‥‥ですか?」
  • 73. ミィ 2019/02/16(土) 20:54:27
    ミィ)着いた。
    着いた場所は、もう何年も使われていない公園だった。街灯も切れている。
    ミィ)ここがいい場所。
    ミィは笑った。
    ミィ)お姉さんて、優しい人だよね。動けるようになってから、優しくしてくれたのお姉さんが初めてだよ。
  • 74. ノット ピット 2019/02/16(土) 20:55:31
    ピット ...人食いの人...
    ノット 人かは分からないと思うよ...
    あのーさっきお姉さんは僕達を食べようとしたよね。まあ結局は
    やめたから良いけどねー!今ね...僕達暇なんだーちょっと話し相手に
    なってよー!
    ピット ...(白雪の前に行く)あの...食べて欲しくはありませんが...
    仲良くしていただけますか...?
  • 75. 白雪 2019/02/16(土) 21:01:23
    「え‥‥‥‥えっと‥‥‥‥私で良ければ‥‥?
    あ‥‥あと私は人では‥‥ないかな。(自虐的に笑う)」
  • 76. ミィ 2019/02/16(土) 21:04:39
    もう寝るね。また明日ー
  • 77. ミィ 2019/02/17(日) 07:35:22
    ミィ)お姉さん、名前はあるの?
    ミィは近くのベンチに座った。
  • 78. わかめオレ 2019/02/17(日) 07:48:46
    ピット あ...ありがとうございます...
  • 79. 白雪 2019/02/17(日) 14:14:42
    「えっと‥‥こちらこそ‥‥ありがとう‥‥ございます。」
  • 80. ノット ピット 2019/02/17(日) 14:38:01
    ピット ...あの...私が怒ったとき...あなた...見ましたか...?
  • 81. 白雪 2019/02/17(日) 16:09:53
    「あ~‥‥いや‥‥遠かったんで見てないです‥‥。」
  • 82. 白雪 2019/02/17(日) 16:12:11
    (途中で送信してしまいした、すいません)
    「本名も‥‥聞いてないです‥‥。」
    (目線を泳がす)
  • 83. ノット ピット 2019/02/17(日) 16:41:59
    ノット 僕達の本名がばれたら、こんな仕事してるからヤバいんだ...
    ここら辺は大体皆仮名だよねーねえ匿名ー!

    ピット うん...まあ私はハッキングすれば、分かるけどね...
    ..............でも、あなたの名前は分からない...情報が無いから...

    ノット まあ、仮面を着けてるのは違う理由だけどねー!
  • 84. 0(奏響) 2019/02/17(日) 18:09:56
    中の人)遅れてしまいすみません!



    『私の花を見て微笑んでくれたのは貴女だけだったので。
    その………嬉しかったのです。(照れたようにシルクハットで顔を隠し)

    私の名前は…0…いえ、月宮奏響です。貴女は?』
  • 85. ミィ 2019/02/17(日) 18:38:09
    ミィはクスッと笑い
    ミィ)0...月宮奏響...どっちで呼べばいいかな?私はミィ・レイガ。こう見えて、人形さ。
  • 86. 0(奏響) 2019/02/17(日) 19:08:06
    『奏響でどうぞ。ミィさんですね、よろしくお願いしますね。


    アァ、お人形さんでしたか。道理でお美しいわけです…♪(フフっと笑い)』
  • 87. ミィ 2019/02/17(日) 19:16:05
    ミィ)わかった。奏響って呼ぶよ。よろしく。美しいなんて光栄だね。私を置いてくれたかつて人間だった方も最初は、奏響のように優しかったんだけどね。
    ミィは、空に浮かぶ三日月を見た。
    ミィ)私はこの街町を少し離れた安全な街町のゴミ捨て場に捨てられたんです。
  • 88. ノット ピット 2019/02/17(日) 19:25:14
    ノット あ、そろそろ帰ろうかなー!少ししか話さなかったけど、
    楽しかったよー!
    ピット ...........さようなら(少し笑う)
  • 89. ノット ピット 2019/02/17(日) 19:32:39
    ノット (家に行く途中)
    そういえばあの人の名前、聞いてなかったねー!
    ピット 確かに...あ、着いたよ。
    (古い公園に着く)
    ノット ただいまー!ってあれ...?(0とミィに気付く)
    ピット .............あ...あの人ってさっきの...
    ノット あー...僕達の家に...........使われて無いと思ったのにな...
    ピット ...見てよう...?兄さん.........
    ノット (成長したなー...ピット...) ...........そうだね!
  • 90. 白雪 2019/02/17(日) 19:43:17
    「ありがとう。双子さん‥‥。また会えたらいいなぁ‥‥。
     あ‥‥ご飯、探しに行こ。(夜の闇に消える)」
  • 91. ミィ 2019/02/17(日) 19:47:41
    ミィもノットとピットに気付いた。
    ミィ)さっきの鏡みたいな二人だ。
    ミィにとって鏡みたいなとは、双子のことを表している。あまりにも似ているから、そう言っているのだ。
  • 92. ノット ピット 2019/02/17(日) 19:58:05
    ノット (見つかったことに気付く)
    あ、気付かれちゃったー...あの...良い雰囲気で悪いけど...そこ...
    僕達の家なんだー...
    ピット ..........うん.........そう...
  • 93. ミィ 2019/02/17(日) 20:06:41
    ミィ)でも、昨日はいなかった。私は昨日ここで寝て、朝ここで目覚めた。ここは人もめったに来ないから気づかれることはなかった。ましてや、この街町ににいる奴なんて常識外れたり、人外ぐらいだ。
    ミィはそう言った。自分もここが気に入ったと言っているようだ。
  • 94. ノット ピット 2019/02/17(日) 20:19:49
    ノット あー確かに昨日は仕事があったから帰って来なかったんだよね...
    二人 『どうしよう...?』(被る)
  • 95. ミィ 2019/02/17(日) 20:23:16
    ミィ)ここが駄目としたら、あのゴミ捨て場に戻るしかないかな?奏響、どこか、いい場所は知らないかな?元の場所は人も多い。出来れば、この街町の中がいい。ここは、鏡が使ってるらしいから。
  • 96. ノット ピット 2019/02/17(日) 20:42:22
    ピット ........私は別に...他のところでも...いいよ...
    ノット !?(ピットが言ったことにびっくりする)
    さっきまで匿名、メッチャ怒ってたのに!?
    ピット あれは順番が悪い...何も無かったら...大丈夫だった......多分...
    ノット まあ僕もどこでも良いからなー...
  • 97. ミィ 2019/02/17(日) 20:48:52
    ミィ)いや、鏡たちが先に使ってたんだろう?なら使ってくれていいよ。自分は人形だし、死なないし、どっかで寝るから。
    ミィは、そう言った。
  • 98. ノット ピット 2019/02/17(日) 21:35:35
    ピット .......今日はもう暗いね...今日はもうここで休んでて良きなよ...
    (少し笑う)
    ノット じゃあまた明日、この人形さんの家を探そー!
    (この二人の笑みは、とても無邪気な子供の笑みだった)
  • 99. ミィ 2019/02/18(月) 09:34:43
    ミィ)いいの?今日はここで休んで?
    ミィは、首をかしげた。
  • 100. 0(奏響) 2019/02/18(月) 13:58:12
    それはそれは…私は優しくなんてありませんよ。(悲しそうに笑い)

    ……ミィ私の隠れ家にきませんか?
Ribbon cmt